オシレーター ストキャスティクス

投稿日:


ストキャスティックスは視覚的に分かり易いオシレーター系指標のうちの一つです。
このストキャスティックスには主に%K、%D、Slow%Dと3本のラインがあります。
%Kと%Dは価格の変動に対しての反応が良く、Slow%Dは比較的反応が遅いと言う違いがあります。
%Kと%Dの数値が20%から30%以下で売られ過ぎ、70%から80%以上で買われ過ぎと相場の強弱を判断するときに良く用いられています。
%Kと%Dがクロスしたときがエントリーポイントです。
20%から30%以下でゴールデンクロスしたときはロング、70%から80%以上でデットクロスしたときはショートします。
%Kと%Dでは反応が良い反面、ダマシに合いやすいと言うデメリットがありました。
そんなときは反応が遅めのSlow%Dで判断すると言う方法があります。
ダイバージェンスと言う逆行現象が見られたときはトレンド転換の合図であると言う考え方もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です