投資をする上でオススメの本

投稿日:


良本がっつり稼いで図太く生き残る!FX についての解説。
この本は、ディーラー歴33年のプロベテラン
水上紀行さんの相場観、FXへの意気込みや生き残り、そして稼ぐメソッドがしっかりと書き込まれています。
2016年1月27日第1冊発行なので、中々新しい情報なんじゃぁないでしょうか。
とにかく僕はこの本を一読し、幾多の「気づき」をもたらしてくれました。

本書に記載されているトレンド相場か、レンジ相場かのジャッジ方法。トレンド相場の見方に関しては世間一般的だったんで、すが、!
レンジ相場には3つのステージがある、と書かれた記事の内容は凄まじいものがありました。

まず、レンジ相場には乱高下のステージ、安定のステージ、収束のステージの3つがあると定義し
乱高下ステージは期間的にも長引き、値幅が大きい。一か八かのギャンブル勝負になりがち

安定ステージは綺麗に逆張りが決まる。しかし長くは続かない。

収束のステージ。これは次のトレンドが来る!という予兆を示している。

と、3つの特徴について詳しく説明をしてくれています。

最後に、私以外の評価をアマゾンのレビューから引っ張ってきたので、引用します。

1

まず、これを読んだから勝てるようになる書籍ではないです
初心者がテクニックなり手法なりを勉強して
それだけでは勝てないとやわかり、説明できないチャートの動き方を知るために書かれてるいるような本。
チャートの動き方を書いている章は
昨日も欧州勢が仕掛けてきた動きを解説しているようだった。
値動き分析のところは一読の価値あり。

ある程度勝て始めた初心者向け。

2

値動きの原因

トレーダーの心理
ヘッジファンドの手法など
非常に役に立つ内容

本人の経験談がバランス良く組み込まれているのであっという間に完読

倍の値段払っても読みたい本。

3

今までいろいろなFX本を読みましたが、一番参考になりました。
至ってまじめな内容です。見方が違うのですね。
「一億稼ぐ」とという感じではないので、
そちら方面をお求めの場合は注意が必要です。

4

実際に相場を張り生き残ってきた方の言は、本当に参考になるものです。
やや文章が長く、一般人には難解な世界の話もありますが、
可能な限り実直に、一般投資家が大きな損を被らないように願って書かれていると思います。
筆者の人間性がよく伝わってくる内容です。
特に「値動き分析」の項は、絶対に知っておいた方が良い内容です。
ただし、核となる部分について事細かくは書かれていません。
これは、私のように有料配信を受け取って勉強している人間への配慮でしょう。
しかし、どんなものかを知っておくだけでも大変役に立つと思いますので、必読の書だと思います。

図も詳しく記載されており、とても参考になります。
皆さんも是非一読し、日々のトレードし役立てて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です